奇跡のリンゴ (2013)

絶対に不可能と言われた無農薬リンゴの栽培に成功し、“奇跡のリンゴ”として大きな話題を集めた青森のリンゴ農家・木村秋則の実話の映画化。監督:中村義洋、キャスト:阿部サダヲ、菅野美穂、笹野高史、山崎努

奇跡のリンゴ (2013)のあらすじ

1970年代の青森県中津軽郡岩木町(現・弘前市)。三上秋則(阿部サダヲ)はリンゴ農家・木村家の一人娘・美栄子(菅野美穂)と結婚して木村家に婿養子入り、サラリーマンを辞め、美栄子と共にリンゴ栽培にいそしんでいたが、ある日、美栄子の体に異変が生じる。美栄子の体は年に十数回もリンゴの樹に散布する農薬に蝕まれていたのだ。

秋則は美栄子のために無農薬によるリンゴ栽培を決意するが、それは当時、絶対に不可能な栽培方法と言われていた。秋則は美栄子の父・征治(山崎努)の支援を受けて無農薬栽培に挑戦するが、案の定、何度も失敗を重ね、借金ばかりが膨らんでいく。次第に周囲の農家からも孤立していき、妻や娘たちにも苦労をかけてしまう。

10年の歳月がたっても成果が実ることはなく、窮地に追い込まれた秋則はついに自殺を決意、1人で岩木山に向かう。すると、彼はそこで自生した1本のくるみの樹を発見、樹木は枯れることなく、また害虫も発生していなかった。秋則はその樹を見て、これはりんごの木でも同じことが考えられるのではないかと思う。これが奇跡の大逆転の糸口となる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 決算!忠臣蔵 (2019)

  2. 殿、利息でござる! (2016)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。