夢売るふたり(2012)

『ディア・ドクター』の西川美和監督が、火事で店を失った夫婦が再出発のために結婚サギを繰り返す姿を描くラブストーリー。松たか子と阿部サダヲが夫婦役で初共演を果たし、タイプも様々な女性たちを騙していく姿が痛快。騙される女性役として、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、木村多江ら個性派女優が多数共演している。

夢売るふたり(2012)のあらすじ

開店5周年を祝う胡蝶蘭が飾られている。その調理場から失火して店は全焼。

市澤里子(松たか子)、貫也(阿部サダヲ)の夫婦は小料理屋「いちざわ」を経営していた。小さいながらも常連客で賑わっていた。すべてを失った夫婦は再建を考える。貫也は働きもせず酒に溺れる。ある日、貫也は駅のホームで店の常連客だった玲子(鈴木砂羽)に再会し、酔っ払った勢いに任せて一夜を共にする。不倫相手からの手切れ金を貫也に渡す。浮気はすぐにバレ、手切れ金を燃すが、里子はこの出来事をキッカケに、夫を女たちの心の隙間に忍び込ませて金を騙し取る結婚詐欺を思いつく。

最初は貫也がアルバイトする料亭の客からはじまった詐欺で、倍にして返すつもりもあった。最初は「妻」として現われていた里子も「妹」としてふるまうようになる。実家暮らしで結婚願望を持つOLの棚橋咲月(田中麗奈)、孤独なウェイトリフティング選手の皆川ひとみ(江原由夏)、男運が悪い風俗嬢の太田紀代(安藤玉恵)…。新しい店の立地も決まり、建築もはじまる。そんな中、貫也は製本工場の娘でシングルマザーの木下滝子(木村多江)と知り合い、製本工場に勤めはじめる。滝子の息子・恵太も彼になつくようになる。

一方、だまされた女性のひとり・咲月は私立探偵に依頼し、製本工場をつきとめる。探偵の堂島とともにあらわれた咲月をみて、貫也は動揺する。すると、恵太が貫也の包丁で堂島を刺す。その頃、里子は中野に言い寄られて逃げる。

貫也はその罪をかぶり服役、里子は大間漁港で働く。OL玲子のもとに「いちざわ」の封筒に入った現金が届く。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。