ぱいかじ南海作戦 (2012)

“現代版ロビンソン・クルーソー”と評された椎名誠の同名小説を映画化したサバイバル・コメディ。気分転換で訪れた西表島で全財産を奪われるも、前向きかつのほほんと生きる主人公を阿部サダヲが好演。そんな彼と生活を友にする若者役に永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希が扮する。監督:細川徹

ぱいかじ南海作戦 (2012)のあらすじ

カメラマンを本業とする男・佐々木(阿部サダヲ)は、勤務していた会社をリストラされ、さらには愛する妻・佐和子(目黒真希)に逃げられ、一人寂しく暮らしていた。

ある日、佐々木は東京から沖縄へ一人旅立つ。飛行機から船を乗り継ぎ、辿り着いた島に住む4人のホームレスと楽しい一夜を過ごした佐々木だったが、翌朝目覚めると、持って来たはずの全財産(バッグなど)がなくなっていた。

途方に暮れた佐々木は、都会からやってきた青年「オッコチ」(永山絢斗)、関西在住の美女2人組「アパ」(貫地谷しほり)「キミ」(佐々木希)と出会う。二人のおかげで料理の質が向上し、掘った落とし穴にイノシシが落ちて大喜び。そんな中、ホームレス4人組の噂を聞きつけた佐々木は、彼らから全財産を取り返すべく、“ある作戦”を決行するために、島に渡る。4人とも見事な土下座をして謝る。帰ると2人組を連れ帰りにきたおばさんたちがいた。元妻の撮影のADもやってきて「イントレ」(高い足場)が必要だといわれ、土下座の4人もきて作り上げる。撮影隊もやってきて忙しい…。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。