木更津キャッツアイ 日本シリーズ (2003)

木更津を舞台に、昼は草野球チーム、夜は怪盗団の5人組が巻き起こす珍騒動を描いた、同名テレビ・シリーズの映画版青春コメディ。監督:金子文紀。脚本:宮藤官九郎。キャスト:岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史

木更津キャッツアイ 日本シリーズ (2003)のあらすじ

21歳にして余命半年と宣告されたぶっさん(岡田准一)。死の淵から蘇って半年後の夏—野球とビールに明け暮れる毎日を送っていると、氣志團が木更津でロックフェスティバルを開催することを知る。キャッツのメンバーもぶっさん作詞作曲のラブソングを新曲にひっさげて参加が決定。

そして突然、みんなの前に死んだはずのオジー(古田新太)が現れ、キャッツたちは大騒ぎ。山口先輩(山口智充)は出所した猫田(阿部サダヲ)を店長に元ストリップ劇場の木更津ホールを韓国パブに改装。そこで働く韓国人、ユッケ(ユンソナ)と出会ったぶっさんは、ひょんなことから一緒に伝説の赤い橋を彼女と渡り、急接近。

そんな中、美礼先生(薬師丸ひろ子)が高校時代に憧れていた、やっさいもっさいがめっぽう上手い笑顔の素敵な「微笑みのジョージ」(内村光良)が現れる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ (2006)

  2. 大奥 (2010)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。