妖怪大戦争 (2005)

1968年に公開された大映の同名作品『妖怪大戦争』のリメイク作品。監督:三池崇史。主演:神木隆之介。キャスト:菅原文太、宮迫博之、南果歩、成海璃子、佐野史郎、宮部みゆき、近藤正臣、阿部サダヲ、岡村隆史、遠藤憲一、根岸季衣

妖怪大戦争 (2005)のあらすじ

主人公、稲生タダシ(神木隆之介)はひ弱な都会っ子。両親の離婚に伴って母方に引き取られ、母の故郷・鳥取で、ボケの始まった祖父(菅原文太)と3人で暮らしている。しかし、田舎暮らしになじめず、学校では都会育ちゆえに悪ガキたちにいじめられる、うんざりな毎日を送っていた。そんなタダシが夏祭りの夜、この世が危機に陥った時に人々を救うという「麒麟送子」に選ばれる。「麒麟送子に選ばれた子どもは、大天狗が住む山へ伝説の聖剣を取りに行かなければならない!」そう悪ガキたちにはやし立てられ、バカにされたタダシは意を決して山へ行く。が、恐ろしさのあまり逃げ帰ってしまう。しかし、行方知れずになった祖父の助けを求める声が山から聞こえ、否応無しに再び山に足を踏み入れる。怯えるタダシを待ち受けていたのは、恐しくも愉快な妖怪たちだった。

彼らとの出会いによってタダシは、歴史の闇に追いやられた古代日本の先住民族の怨念をまとった魔人・加藤保憲率いる悪霊軍団との戦いに巻き込まれてゆく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヤッターマン (2009) : Yatterman

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。