彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

沼田まほかるのベストセラー小説を白石和彌監督が映画化したミステリー。夫に嫌悪感を抱きつつもその稼ぎで働きもせずにだらだらと本能のままに生きるヒロインの十和子を蒼井優が演じ、新境地を発揮する。また、その同居人を阿部サダヲ、元恋人の黒崎を竹野内豊、新しい彼氏を松坂桃李が演じる。

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)のあらすじ

十和子(蒼井優)は15歳上の陣治(阿部サダヲ)と暮らしているものの、8年前に別れた黒崎(竹野内豊)のことが忘れられずにいた。下劣で地位も金もない陣治を毛嫌いする一方で、自分は働かず彼の稼ぎをあてにし堕落した日々を送っている。

ある日、どこか黒崎の面影がある高級百貨店の外商員の水島(松坂桃李)と十和子は関係を持った。水島には妻子がいたが、彼との情事に溺れていった。そんな中、家に突如やってきた警察から、黒崎が行方不明になったことを知らされる。黒崎の失踪にどんなに足蹴にされても執拗に十和子に執着する陣治の関与を疑った十和子は、水島にまで危険が及ぶのではと危惧する。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。