ぼくのおばあちゃん(2008)

人気イラストレーター、なかむらみつる原作による感動作。仕事に追われる男が、ふと亡き祖母との交流を思い出し、家族の尊さを噛み締める姿を温かな筆致で追う。監督:榊英雄、主演:菅井きん、岡本健一、阿部サダヲ

ぼくのおばあちゃん(2008)のあらすじ

住宅メーカーのトップ営業マンの智宏(岡本健一)は、妻の絵美と息子と共に順風満帆な生活を送りながらも、仕事に追われ、家族を省みる余裕を失いかけていた。

そんなとき、担当する茂田一家と関わることで、心の奥にしまっていたおばあちゃんとの記憶が甦る。 故郷の思い出、父親の死、家族や近所の人たちとのふれあい。そして大好きなおばあちゃんのあたたかい手。それは智宏が忘れかけていた、かけがえのない家族の絆だった。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。