ぼくとママの黄色い自転車 (2009)

新堂冬樹のベストセラー小説を河野圭太監督が映画化した感動作。母親に会うために旅に出た少年が、その途中で多くの優しさに触れ成長する姿を描きだす。キャスト:武井証、阿部サダヲ、鈴木京香、西田尚美

ぼくとママの黄色い自転車 (2009)のあらすじ

小学3年生の大志(武井証)は、父親(阿部サダヲ)と2人暮らし。パリに留学中の母親( 鈴木京香 )から毎週届く手紙を楽しみにしていた。夏休みのある日、彼は母親がパリではなく小豆島にいることを知り、愛犬のアンを連れ、黄色い自転車に乗って旅に出る。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。